技術情報

光ファイバのモードフィールド径

光ファイバの特性をあらわすパラメータに
モードフィールド径(MFD)というものがあります。

光ファイバを取り扱う業界、業種の人でも、
マルチモードファイバを取り扱うことが多い人などにとっては
モードフィールド径をあまり意識したことがない人も多いかもしれません。

今回はそのモードフィールド径の基礎的な内容について説明します。

モードフィールド径は
シングルモード光ファイバで重要なパラメータとなります。

光ファイバを伝わる光はコアの中だけを伝わるだけでなく、
クラッドにも漏れ出して伝わっていきます。

定性的にはモードフィールド径は
光がコアの中心からどれだけの範囲で伝播しているかを表しており、
光が伝播する径の指標となります。

そのため、
シングルモードファイバ内で光が伝播する断面積(実効断面積)は
モードフィールド径を用いて計算することになります。

モードフィールド径が異なる光ファイバ同士を接続したときには、
光が伝播する断面積が接続箇所で変化してしまうため、接続損失が
発生することになります。

そのようなときに接続損失の値を具体的に評価する際にも
モードフィールド径の値が必要になります。

 

イメージ青

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

TEL:053-439-7411

受付時間 8:30〜17:30(月〜金)

FAX:053-439-7415

メールフォーム

お支払い方法
1.銀行振込
※振込手数料は、お客様のご負担となります。
2.クレジットカード
お申込みの有効期限
7日以内にご入金お願いいたします。
7日間入金がない場合は、キャンセルとさせていただきます。
配送料
全国一律630円。
商品5,000円以上の購入で送料無料。
お届けについて
入金確認後、直ちに商品を発送いたします。
返品・交換・キャンセル等について
商品発送後の返品・返却等はお受けいたしかねます。 商品が不良の場合のみ交換いたします。キャンセルは注文後24時間以内に限り受付いたします。
返品期限
商品出荷より7日以内にご連絡下さい。
返品送料
不良品の場合は弊社が負担いたします。
それ以外はお客様のご負担となります。