技術情報

通信分野での応用

通信を行うためには信号の送信器、伝送路、受信器が
必要になりますが、光通信ではそれぞれ、半導体レーザ、
光ファイバ、フォトダイオードがその役割を担っています。

送信器としてLDが用いられるのは長距離大容量の通信を
実現するためです。

LEDのような自然放出光の場合、
さまざまな波長の光が含まれているため、
光ファイバ中を長距離伝送すると信号波形が崩れてしまいます。

そのため、
単一波長の光を出すことのできる半導体レーザが利用されます。

また、単一波長という特性はほかにもメリットがあり、
波長分割多重(WDM:Wavelength Division Multiplexing)方式に
利用されています。

WDMでは異なった波長の信号を光合波器を通して
1本の光ファイバにまとめて伝送します。

アプリケーションによって必要に応じて光アンプで増幅した後に
光分波器を通して各波長の信号に戻して通信を行います。

WDMにすることで1本の光ファイバで
より大容量の通信が可能となります。

 

LANケーブル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

TEL:053-439-7411

受付時間 8:30〜17:30(月〜金)

FAX:053-439-7415

メールフォーム

お支払い方法
1.銀行振込
※振込手数料は、お客様のご負担となります。
2.クレジットカード
お申込みの有効期限
7日以内にご入金お願いいたします。
7日間入金がない場合は、キャンセルとさせていただきます。
配送料
全国一律630円。
商品5,000円以上の購入で送料無料。
お届けについて
入金確認後、直ちに商品を発送いたします。
返品・交換・キャンセル等について
商品発送後の返品・返却等はお受けいたしかねます。 商品が不良の場合のみ交換いたします。キャンセルは注文後24時間以内に限り受付いたします。
返品期限
商品出荷より7日以内にご連絡下さい。
返品送料
不良品の場合は弊社が負担いたします。
それ以外はお客様のご負担となります。